「どこでも光窓」 や 住まい に関する記事

どこでも光窓 資料請求のバナー
catch-img

リビングは南向き?お部屋選びの参考となる方角について解説します!


快適な住宅を考える上で重要な日当たり。その日当たりに関係するのが、リビングやお部屋の窓の方角です。

『南向き・日当たり良好!!』といった住宅チラシをよく見かけますが、本当に南向きが一番過ごしやすいのでしょうか?

・・・決してそんなことはありません!ひとによっては他の方角でも十分に快適に過ごせます!


賃貸のお部屋をお探しの方や、分譲・注文住宅での間取りのご参考にしたい方へ、リビングの方角によるメリット・デメリットから、快適なお部屋の選び方をご紹介します。


目次[非表示]

  1. 1.日当たりは南向きが一番
  2. 2.南向きリビングにはデメリットも
  3. 3.それぞれの方角でのメリット・デメリット
    1. 3.1.東向きリビング
    2. 3.2.西向きリビング
    3. 3.3.北向きリビング
  4. 4.まとめ



日当たりは南向きが一番


お役立ち情報(リビング、方角)画像2


不動産広告での多くで、『南向き』や『東向き』などの方角に関するPRが載っています。

それは、日当たりの良さが、住まいでの過ごしやすさの重要な要素であり、そのお部屋での生活をイメージしやすいからです。

それだけに、多くの時間を過ごすことになるリビングの方角は、ご自身やご家族の生活をよく考えて選ばなければなりません。


リビングの方角は、「南向きが最もよい」と一般的によく言われます。

太陽は東から昇り、南の空を通って、西に沈みます。そのため、南向きに窓があることで、他の方角と比べて最も多くの光を取込むことができ、太陽光で生活できる時間を多くとれるからです。


電気を使わずに過ごせる時間が長いため省エネになりますし、太陽光という自然を感じられる環境のため、気持ちよく快適に過ごせそうですよね。


>>リビングの方角も気にしない! 窓が少なくても明るい住宅の事例

​​​​​​​


南向きリビングにはデメリットも


しかし、ご家庭や立地環境、住宅によっては、南向きが合わないこともあります。


たとえば、太陽の光が直接入り過ぎると、日差しがまぶしいと感じてしまいます。日差しがまぶしいと、テレビやパソコンなどのモニターを見るときに、太陽光との明るさの対比によって見えにくくなってしまいます。


また、日差しが多く入ってしまう関係で、窓周辺は暑くなりがちです。

リビングに大きな掃出し窓と屋外にバルコニーをつくる間取りでは、窓が非常に大きいため、入る日差しの量も多くなり、太陽の熱も取り込まれやすくなります。

夏の暑い日が長くなってきているようですので、熱を取込みすぎてしまうと、冷房を強くかける必要があり、電気代が増えてしまいます。


そして何より、南向きリビングのお部屋は他と比べて、家賃や価格が高い場合が多いです。

やはり南向きのお部屋は人気が高くなりがちで、他の方角のお部屋が選ばれにくくなってしまうことを回避するために、価格が高く設定されています。


このような理由から、日当りについては南向きが最も良いのは確かですが、南向きのリビングにはデメリットもあり、いつも一番良いということはできません。


>南側に窓のない間取りでも明るい注文住宅。その実例はこちら



それぞれの方角でのメリット・デメリット


お役立ち情報(リビング、方角)画像


東向きリビング

方角が東向きの場合のもっとも大きなメリットは、朝方に太陽光が入ることです。

夏場でも、夜明け頃は少し気温が下がっていますから、積極的に太陽光を取り入れることにより、室温があがりやすくなります。

また、夕方は太陽光が入らず、西日による暑さがありませんので、一日を通して快適に感じられます。


健康面でも、太陽光による良い効果が期待できます。

私たちの体は、目覚めてから太陽光を感じることで一日をリセットし、体内時計を調整します。東向きの窓から入る太陽光を浴びることができますので、すっきりと健康的な生活を送ることができます。


デメリットとしては、昼以降はあまり太陽光が当たらないため、午後にお洗濯では天日干しができなくなってしまいます。直接太陽光が洗濯物に当たらなくても、屋外干すことで乾きやすくなりますが、太陽光に含まれる紫外線は減りますので、殺菌の効果は弱くなってしまいます。


朝方に洗濯などの家事をして、午後ゆっくりと過ごす方は、東向きリビングが過ごしやすく感じるでしょう。


西向きリビング

方角が西向きの場合は、朝方には光が入らず、お昼過ぎから光が入りはじめ、午後から夕方にかけて光が入ります。気温が最も高くなる昼過ぎに、さらに太陽光も差し込むことで、室内が非常に暑くなりがちです。

比較的涼しい地域や冬場では、午後に光を多く取り入れることで暖かく過ごせますが、暑くなる季節では十分に光を遮る対策をしないと過ごしにくくなってしまいます。


また夕方の光は、お昼よりも太陽高度が低いために、部屋の奥まで直射光が入ってきます。

かなりまぶしく感じてしまいますので、カーテンやブラインドなどでまぶしくないような対策が必要となります。


その他のメリットとして、昼過ぎに洗濯物が乾きやすくなること、住宅環境によっては夕焼けや日の入りなどの景色を見えること、などがあります。


日中仕事をして、夕方に帰る方は、風情ある景色を見ながらの生活を楽しめるのではないでしょうか。


北向きリビング

マンションなどの集合住宅では、南向きにリビングを作る場合が多く、北向きにリビングを作ることはほぼありません。そのため、北向きリビングは分譲住宅や注文住宅などの一戸建て住宅が対象となります。


北向きリビングは、通常ですと太陽の直射光がほとんど入りませんので、他の方角のリビングと比べて明るくなりません。

しかし逆に、吹き抜けや天窓をつくり、直射光以外の空や周辺の明るさを取り入れることができれば、年間を通して安定した明るさを得られやすくなります。

直射光のまぶしさを感じないので、テレビやパソコンなどのモニターを見る場合には適しています。


ただし、設計段階で十分に光が取れることを確認しなければ、住んでみてから暗いと感じてしまうこととなります。


建売購入を検討の際には、しっかりと見学して明るさを確かめる必要があります。また北向きリビングで注文住宅を建てる際には、明るさに関する知見や実績のある、工務店を選ぶのがよいでしょう。

あるいは、建築家にお願いするという方法もあります。工務店よりも、さらに自由な設計ができますので、イメージする住宅を作っている建築家を探してみてはいかがでしょうか。


>>関連記事『光ダクトの活用ノウハウ:日当たりシミュレーションで新築時の採光確認!』



まとめ


太陽光で明るく暮らすために、日当たりは非常に重要な要素です。

まずは、今お住まいのリビングやお部屋の方角を調べ、住みやすさや生活と比較してみて、新しいお部屋での理想の生活を思い描いてみてはいかがでしょうか。


>>関連記事『隣に家が建つのは当たり前!日当たりが悪くなっても困らない住宅とは?』


お問い合わせフォームへ

お住まいのご自宅に関する
お問い合わせはこちらへ

設計・建築関係の業務に関する
お問い合わせの方はこちらへ

連載企画

丸谷博男「光のエッセイ」バナー2

建築と光についての丸谷博男氏のコラム

 

 

光ダクト実邸建築計画バナー

光ダクト導入住宅のコンセプトから完成まで

 

 

光ダクトの活用ノウハウ バナー画像

光ダクトに関するあれこれをご紹介

 

 

カテゴリ一覧

タグ一覧

関連リンク

光ダクトのご見学 バナー

お問い合わせフォームへ

お住まいのご自宅に関するお問い合わせはこちらへ

設計・建築関係の業務に関するお問い合わせの方はこちらへ