「どこでも光窓」 や 住まい に関する記事

どこでも光窓 資料請求のバナー
catch-img

注文住宅と建売住宅、どちらがいい?購入前に知っておくべきこと


戸建住宅の購入を考え始めとき、最初の選択肢となる「建売住宅」「注文住宅」

同じ戸建住宅でも、どちらがよいか迷ってしまう方は多いのではないでしょうか。

一生のうちでも大きな買い物だからこそ、住んでから後悔したくないですよね。価格、立地、間取り...と両者の条件を比べるほどに、両方の良いところがみえてくるもの。


しかし、価格や間取りだけではなく、購入前にしっかりと知っておいた方がよい条件がほかにもあります。


建売住宅、注文住宅それぞれのメリット・デメリットを比較しながら、自分にぴったりの住まいを検討してみましょう!


目次[非表示]

  1. 1.注文住宅と建売住宅の違いを知ろう
    1. 1.1.土地がセットかどうか
    2. 1.2.もしくは間取りが完成しているかどうか
    3. 1.3.住宅の価格
  2. 2.住宅の購入を考えた、それぞれのメリットとデメリット
    1. 2.1.建売住宅のメリットとデメリット
    2. 2.2.注文住宅のメリットとデメリット
  3. 3.後悔しない住宅の購入と選び方のポイント
  4. 4.まとめ



注文住宅と建売住宅の違いを知ろう


建売住宅と注文住宅の違いは、大きく分けて3つあります。


土地がセットかどうか

建売住宅の場合は、あらかじめ用意された土地に合わせた住宅プランがセットになっています。または、すでに住宅が建築されたものをセットで購入することになります。


一方、注文住宅の場合は、土地は基本的に別売りです。土地を持っていない場合には、まず希望に合う土地を見つけなければなりません。希望の地域に合った土地を見つけたのち、その土地に合わせて住宅の希望に沿って設計を行うことになります。


もしくは間取りが完成しているかどうか

建売住宅は、土地に対して適した間取りで設計され完成した家を購入するものです。


注文住宅は土地が見つかった後、設計士に相談しながら間取りや仕様などのプランニングが始まります。


住宅の価格

建売住宅は土地と建物がセットになり、すでに設計や建築が済んでいるため、価格を低く抑えたものも多くあります。


注文住宅は打ち合わせや設計、仕様決め、着工から完工というステップを踏んでいくため、こだわりを反映したぶんだけ建売住宅よりも価格が上になります。


住宅の購入を考えた、それぞれのメリットとデメリット


具体的にどちらを選べばよいか迷う方もいらっしゃると思います。それぞれのメリットとデメリットをご紹介します。


建売住宅のメリットとデメリット


お役立ち情報(注文住宅 建売住宅) 建売住宅画像


建売住宅のメリットの一つは、良い立地の住宅が見つけやすい点です。


建売住宅は、分譲宅地や新たに開発された土地を押さえ、人気がある土地で計画される傾向があるためです。建売住宅は、住宅メーカーが土地を購入しますが、人気のある土地の方が高く売れ、また売れ残りにくくなりますので、交通や周辺環境のよい土地になるのです。


デメリットとしては、住宅メーカーがなるべく多くの住宅を建てるために、比較的狭い土地に住宅が密集してしまうことです。住宅が密集することで、窓から光が入りにくくなったり、周辺からの騒音やにおい、目線などが比較的感じられやすくなってしまいます。


建売住宅のもう一つのメリットは、「すでに建築されたもの」を確認できる点です。

広さのイメージや間取りを前もって体感でき、仕上がりに納得して購入できるというメリットがあります。すでに設計・建築がすんでいるため、引き渡しまでの期間が注文住宅に比べて短いのも利点です。


しかし色や素材、間取りの自由度はありません。区画で同じ住宅メーカーが建てる場合には、似たような外観の家が周囲に並んでしまいます。他とは違う家に住みたい方にはお勧めできません。


注文住宅のメリットとデメリット


お役立ち情報(注文住宅 建売住宅) 注文住宅画像


注文住宅のメリットは、何と言っても自由度の高さです。


注文住宅は、設計者がそこに住む人と直接打ち合わせをしながら設計するので、選ぶ会社を間違えなければ、住み手らしさが反映されたオリジナルの家に仕上がります。ご家族や将来のことも考えた家を作ることもできるのです。

デメリットは、完成までの期間が長くなりがちな点です。プランニングから家作りが始まるため、完成までにはある程度期間が必要になるケースが多くあります。

また、注文住宅は自分で土地を見つけなければいけません。広さ、価格、立地、環境など満足する条件を満たす土地を見つけることは、都市によっては困難な場合もあります。

土地探しに関しては、自分で見つけて購入するよりも、住宅メーカーや工務店と一緒に探した方が間取りや費用の面で有利な場合がありますので、土地を購入する前に相談してみることをお勧めします。


そして、注文住宅は家を建てる前から完成するまでを確認できますので、家に愛着がわきやすくなります。精神的なことですので人によりますが、自分の家が建てられていく、というのは感慨深いものがあるのではないでしょうか。



後悔しない住宅の購入と選び方のポイント


住宅は一生に幾度もない大きな買い物です。20年30年と長く住み続けていくものなので、購入してから後悔したくないものですよね。


建売住宅、注文住宅で迷ったら、まずは「自分にとって何が優先順位が高いか」を順に挙げていきましょう。ライフステージの変化をきっかけに住宅購入を考えられる方は多いですが、ある期間だけのニーズだけでなく長期的な目線で考えることを忘れないようにすることが大切です。


そして、この先もっとも大切な仕様として2020年の省エネルギー法の義務化政策が挙げられます。

基準を満たしていない住宅は、いくら新しくても2020年以降「既存不適格」住宅となり、資産価値がぐっと下がることが決定しています。


持ち家は自分の財産となるものですから、価格の安さだけでなく性能や資産価値の面もしっかりと考慮しましょう。


まとめ


建売住宅と注文住宅はいずれも一長一短あるため、とても迷いやすい選択肢です。


この先何十年も住んで人生の一部となるマイホーム。

住んでから後悔しないように、購入価格だけではなく将来の価値やランニングコストの面も踏まえて納得した家を選びましょう。



お問い合わせフォームへ

お住まいのご自宅に関する
お問い合わせはこちらへ

設計・建築関係の業務に関する
お問い合わせの方はこちらへ

連載企画

丸谷博男「光のエッセイ」バナー2

建築と光についての丸谷博男氏のコラム

 

 

光ダクト実邸建築計画バナー

光ダクト導入住宅のコンセプトから完成まで

 

 

光ダクトの活用ノウハウ バナー画像

光ダクトに関するあれこれをご紹介

 

 

タグ一覧

関連リンク

光ダクトのご見学 バナー

お問い合わせフォームへ

お住まいのご自宅に関するお問い合わせはこちらへ

設計・建築関係の業務に関するお問い合わせの方はこちらへ