「どこでも光窓」や住まいに関する記事

どこでも光窓 資料請求のバナー

失敗例多数!?照明計画でダウンライトを配置するときの3つの注意点


カフェやバー、あるいは美術館のように、全体的に薄暗い空間で、部分的に強調するように照らすダウンライトは、すごくオシャレな照明ですよね。

自宅のリビングも、そんなオシャレな雰囲気したいと考えている方も多いのではないでしょうか?


ですが、住宅でダウンライトを設置する場合には、配置する箇所によってお部屋が使いにくくなってしまうことも多いようです。


新築の照明計画でダウンライトを考えている方へ、ダウンライトを配置するときの失敗しないための注意点をお教えします。


丸谷博男「光のエッセイ」バナー


目次[非表示]

  1. 1.シンプルでオシャレな照明「ダウンライト」
    1. 1.1.ダウンライトとは?
    2. 1.2.ダウンライトの種類
    3. 1.3.ダウンライトの特徴
  2. 2.ダウンライトの配置に注意が必要なわけとは?
    1. 2.1.シーリングライトよりも光量は少ない
    2. 2.2.指向性が強く、直接見ると眩しく感じる
    3. 2.3.ダウンライトは後付けしにくい
    4. 2.4.照明設計が床面での照度を基準としている
  3. 3.ダウンライトを上手に配置するための注意点
    1. 3.1.注意点1: 配置する部屋を選ぶ
    2. 3.2.注意点2: 壁面やオブジェクトに向けて配置
    3. 3.3.注意点3: 常駐しない部屋はセンサーと組み合わせる
    4. 3.4.補足: 自然光を取り込む窓も考慮した配置に!
  4. 4.建築家によるダウンライト配置例:日野の家(若原アトリエ)
  5. 5.まとめ



シンプルでオシャレな照明「ダウンライト」


ダウンライトとは?

ダウンライトとは、天井に埋め込まれて設置された床や壁を照らす照明器具のことです。


ダウンライトの種類

ダウンライトは、天井から直下を照らすベースライト(全般照明型)が一般的ですが、照射角度を自由に変えられるユニバーサルダウンライトや、勾配天井専用のダウンライトもあります。

また、照射する範囲や広さを表す配光でも違いがあり、配光角が狭い順に狭角タイプ、広角タイプ、拡散タイプがあります。

ダウンライトの内側の反射板の色でも、グレアレス(鏡面)、白色、黒色などのバリエーションもありますし、LEDの光の色温度も幅広い製品があります。


一口にダウンライトと言っても、用途によって様々な種類があるのです。


ダウンライトの特徴

シーリングライトやスタンドライトといった間接照明とは対照的に、ダウンライトは直接必要なところに光を照射します。

壁面や天井、インテリアなどを照らすことで間接照明のように使うこともできます。


ダウンライトは、シーリングライトやスタンドライトなどと異なり、器具が天井内に埋めこまれていて、照明器具が見えにくいようになっています。

そのため、照明器具が主張しないスタイリッシュな空間作りができます。


また、ダウライトは光が欲しい場所だけを明るくするスポットライトとしても使われます。たとえば家事スペースや読書など、明るくすることで作業がしやすくなります


さらに、器具として場所をとらないことから、お部屋を広く見せるようなデザインにも利用されます。部屋に余計な凹凸や設備を置かずにすみ、狭さを感じさせない空間となります


照明計画において、ダウンライトを家の中に上手に配置できれば、カフェのようなオシャレなお部屋作りが可能となるのです。


>>関連記事「丸谷博男の連載コラム「光のエッセイ」04 あかりの原点を考える」



ダウンライトの配置に注意が必要なわけとは?


お役立ち情報(ダウンライト 配置)画像2


とはいえ、ダウンライトを照明としたことによる失敗例も多く目にします。その多くが計画や配置の悪さが原因による失敗です。

まずは、配置を失敗する原因についてお教えします。


シーリングライトよりも光量は少ない

ダウンライトの失敗の多くは、リビングが暗い印象で明るさが足りないように感じる、というものです。


スポット的に照らすダウンライトは、一灯あたりの光量がそれほど大きくありません。

シーリングライトの性能に「6畳~8畳」とか「10畳用」と記載されています。

必要電力によって異なりますが、60W用ダウンライトで「約1~2畳」です。シーリングライトの代わりとしようと思えば、多くのダウンライトが必要となります。


また、光が広がらない分、周囲の空間で見ると少し暗く感じることもあります。特に天井面は、床や壁からの反射による光でしか照らされず、床面との対比により非常に暗い印象となります


作業する可能性のあるダイニングやキッチンなどは、ダウンライトだけでは明るさが足りない事になってしまいます。


指向性が強く、直接見ると眩しく感じる

ダウンライトの光源が直接見えるように配置すること、による失敗も多く目にします。


シーリングライトやスタンド照明などの間接照明と比べて、発光して見える箇所が小さく、また光が広がらないため、光源が直接見えると眩しく感じます

さらに、テレビや光沢のある床に光源が映り込む場合もあります。


リビングのようにくつろぐ空間で、寝転んだり座ったりしたとき、光源が目に入ってしまうと気持ちよくくつろげませんよね。

ソファやテーブルの向きや配置にも影響してきますので、注意が必要です。


また作業スペースでは、明るくしようとしても作業者の影になることもあります。

ダウンライトの位置と光の方向にも考慮する必要があるのです。


ダウンライトは後付けしにくい

ダウンライトは後から配置をずらしたり、増やしたりすることが難しい照明です。


ダウンライトの器具は、基本的には天井に埋め込まれています。

ダウンライトのメリットは場所を取らないことですので、天井に埋め込まれて設置する方が空間がすっきりします。


ですが、暗いからと言ってダウンライトを後付けすることは難しいです。

出来ないわけではありませんが、天井をはがしたり、電気配線や器具を取り付けたりと手間がかかり、ダウンライト取付け工事のみで頼むと割高になってしまいます。


照明設計が床面での照度を基準としている

照明を適切に配置する計画を照明設計と言いますが、照明設計ソフトを用いた設計手法では床面照度を基準にしています。これは、日本工業規格の照度基準をもとにしているからです。


指向性の高いダウンライトは、床面を照射した場合、局所的にかなり高い照度を出すことができます。

シーリングライトや間接照明は、床だけでなく、壁や天井も照らしますので、床面照度で算出する場合は、ダウンライトよりも高い光量が必要となります。


つまり、同じ床面照度であれば、ダウンライトの方が光量自体が少なくなり、部屋全体としては暗い印象になってしまうのです。


逆に言えば、間接照明器具は、照度としてはそれほど高くなくても明るい印象になります。日中は、間接照明のような光を出す光ダクトは、お部屋全体を明るくすることができます。


>>関連記事「ご存知ですか?日当たりの悪さを劇的に改善できる「光ダクト」」



ダウンライトを上手に配置するための注意点


お役立ち情報(ダウンライト 配置)画像1


注意点1: 配置する部屋を選ぶ

玄関、廊下、洗面所、トイレ、といった比較的狭い空間で、長い時間を過ごさない部屋がお勧めです。


ダウンライトは場所を取らず、玄関や廊下などでは天井が低いことも多いため、設置しやすいです。

また、空間が広くない場合はダウンライト1灯でも十分明るくなりますので、配置もシンプルになります


逆に寝室やリビング、ダイニングといった広い空間に配置を考える場合には、注意が必要です。


寝室については、読書や書き物などの作業をするのでなければ、それほどの明るさが必要ではありません。

光源を目線にさえ入れなければ、問題ありません。作業用には別の照明を準備しましょう


リビングは空間が広いため、ダウンライトだけの照明計画では暗い感じになってしまうのでお勧めできません

ダイニングは、食事などを行いますので、直接見ても眩しくないようなペンダントライトなどを別に配置した方が、明るさの問題は生じにくくなります。


リビングやダイニングでは、ダウンライトを主照明とせず、補助的な照明として考えて配置するようにしましょう


注意点2: 壁面やオブジェクトに向けて配置

ダウンライトは、壁面やオブジェクトなどを強調させて目立たせることができます。

光の明暗がはっきりとしていますので、周囲が暗い空間ほど、照射された箇所が強調される印象になります


また、壁際に複数のダウンライトを並べるように配置して壁を照らすことで、広い範囲の壁が照らされて、見た目的に明るい印象になります。

明るさに関する認識は、見えている範囲の明るさが広い方が、明るく感じるようになります


デザイン性が高く、よりスタイリッシュなデザインの空間作りが可能です。

リビングや客間など、空間をインテリアとしたい場合にはお勧めです。


注意点3: 常駐しない部屋はセンサーと組み合わせる

配置の注意点ではありませんが、ダウンライトを使うときの便利な使い方についてです。

玄関や廊下など、数秒程度の移動や通過に使用するだけなのに、スイッチを入れたり消したりをするのはめんどうですよね?

照明をつけっぱなしにするもの省エネにならないので抵抗があります。


そんな時は、ダウンライトをセンサーでつけたり消したりすると便利です。

もちろん、ずっと過ごすようなリビングなどはついたり消えたりするのはストレスになりますので、玄関や廊下などがお勧めです。


最近では、比較的簡単に設置できるセンサーも出てきています。

長く居ないけどよく使うような場所には、ダウンライトに合わせてセンサーも設置してみてはいかがでしょうか。


補足: 自然光を取り込む窓も考慮した配置に!

夜間は、ダウンライトのような人工照明は必須ですが、日中は窓から自然光を取り込む工夫も大切です。


窓から明るさを取り込むことで、時間による変化から外を感じられると気持ちがいいですよね。

それに、人工照明を点けなければ、電気代もかかりませんので省エネにもなります。


日中の自然光の取り込みも考えたダウンライトの配置をすると、快適性やエコの点からもきれいな照明計画となります。



建築家によるダウンライト配置例:日野の家(若原アトリエ)


若原アトリエの『日野の家』でも、ダウンライトを効果的に配置した設計を行っています。


住宅の中心となる吹き抜けのダイニングには、ダウンライトではなくペンダントライトを設置されていますが、部分的にダウンライトを用いています。


玄関に配置したダウンライト

玄関に配置したダウンライト


家事スペースのアイロン台に配置したダウンライト

家事スペースのアイロン台に配置したダウンライト


日野の家は、光ダクトを住宅の吹き抜け部分に設置することで、日中はほぼ人工照明を使わずに生活できています。日野の家は実邸ですが、一般の方が見学することもできます。


>>日野の家の見学はこちら

>>若原アトリエのホームページはこちら



まとめ


住宅の明るさに関しては、建ててみないとわからないことも多く、電気工事を伴う照明の配置は注意しなければなりません。

イメージしたお部屋作りができるように、工務店やハウスメーカーの方と十分に相談することをおすすめします。


ダウンライトは、オシャレな印象から簡単に使いがちですが、メリットやデメリットがあるため、配置場所や使い方を十分に考えて設置するようして、素敵なお部屋を作っていきましょう。


>>関連記事『新築時の参考に!間接照明で失敗したくない人のための5つの注意点』



タグ一覧
光ダクトの仕組みを説明するバナー

お問い合わせフォームへ

お住まいのご自宅に関する
お問い合わせはこちらへ

設計・建築関係の業務に関する
お問い合わせの方はこちらへ

連載企画

丸谷博男「光のエッセイ」バナー2
光ダクト実邸建築計画バナー
光ダクトの活用ノウハウ バナー画像

タグ一覧

関連リンク

光ダクトのご見学 バナー

お問い合わせフォームへ

お住まいのご自宅に関するお問い合わせはこちらへ

設計・建築関係の業務に関するお問い合わせの方はこちらへ