「どこでも光窓」 や 住まい に関する記事

どこでも光窓 資料請求のバナー
catch-img

隣の家との距離は何メートル?部屋の日当たりの調べ方を徹底解説


新築時の失敗として、隣の家の影になって窓に光が入らない! と後悔してしまう方が多くいます。


家を建ててみないと日当たりが良いか悪いかわからない・・・、そんなことはありません!!

お部屋に光が入るかどうかを調べる方法はあります。重要なことは「住所」「方位」、そして「隣の家との距離」です。


家を建ててから日当たりの悪さで苦労しないために、部屋の日当たりを調べる方法を解説します。

隣の家との距離を何メートル離せばよいのか?とお悩みの方は必見です。


>>関連記事『光ダクトの活用ノウハウ:日当たりシミュレーションで新築時の採光確認!』


目次[非表示]

  1. 1.直射光の差し込む明るいお部屋に!
  2. 2.部屋の日当りを調べる3ステップ
    1. 2.1.ステップ1. 住所と方位を確認する
    2. 2.2.ステップ2. 隣の家との距離と高さを確認する
    3. 2.3.ステップ3. 太陽高度を調べ、直射光が入る時期と時間を計算する
    4. 2.4.計算例
  3. 3.直射光を取り入れやすくする方法は?
    1. 3.1.2Fリビングやスキップフロアで、床の位置を高くする
    2. 3.2.吹き抜けを作り、窓の位置を高くする
    3. 3.3.壁の位置をずらし、隣の家からの距離をとる
    4. 3.4.「光ダクト」を利用する
  4. 4.まとめ



直射光の差し込む明るいお部屋に!


お役立ち情報(隣 距離 日当たり)画像1


日当たりがよく、自然光で明るい住宅には様々なメリットがあります。


自然光は、体内時計の調整やうつ病予防など、人体にとっても良い影響があるといわれており、健康に暮らすためにはなくてはならないものです。

また、電気をつかわずに生活できる時間が長くなることや、太陽光が入って暖かくなり、冬場も暖房費が節約できることにより、電気代が安くなります。


逆に、日当りの悪いお部屋では、人体への大きなストレスになることもあります。

南向きのマンションのような日当たりのよい住宅で暮らした経験のある方は、日当たりの悪い部屋では、以前の生活と比べてしまうため、違和感が強くなってしまうようです。


これらの自然光によるメリットに加え、出来るだけ日当たりのよい土地を選ぶことは、住宅の費用の節約にもつながります。

日当たりのよい土地では、余計な設備を導入して明るくしなくてもよくなるため、建設費用が下がり、その分キッチンなどの設備や家具にお金をかけられるようにもなります。


注文住宅をお考えで土地から探している方は、出来るだけ日当たりのよい場所を選びたいですよね。


>>日当たりの悪い旗竿地でも日差しが入る明るい住宅を実現した事例とその方法



部屋の日当りを調べる3ステップ


お役立ち情報(隣 距離 日当たり)画像2


ステップ1. 住所と方位を確認する

まずは、当たり前のことですが、家の「住所」「方位」を確認します。


住所に関しては、住宅購入の際の基本ですので、調べない人はいないでしょう。

しかし、意外にしっかりと確認していないのが、方位 です。


「南向き」といっても、東寄りか西寄りかでも日当たりの条件は変わってきます。

東寄りの南向きであれば、やや午前中が多く、夕方少し早めに光が入らなくなります。

逆に西寄りの南向きでは、朝方は光が入りにくく、夕方は入りやすくなります。


また、どれくらい東寄りあるいは西寄りか、ということも重要です。

南東向きと南西向きでは、90°も方位が異なりますので、より顕著な違いが生じます。


さらに、南向きにおいて、太陽が正面に来た時に太陽高度が最も高くなりますが、東西どちらかに方位が寄っていると、太陽高度が低くなるため、隣の家による影を生じやすくなります。


方位は、地図アプリなどに住所を打ち込めば簡単に調べることが可能です。


ステップ2. 隣の家との距離と高さを確認する

次に、具体的に日当たりを考える窓について、隣の家との距離と隣の家の高さを確認します。


そこまで正確でなくても、「およそ〇〇メートル」くらいで問題ありません。

隣の家との距離は目算で構いませんし、地図アプリや航空写真でも確認することは可能です。

隣の家の髙さも、基本的には目算になります。「2F建てなら約7メートル」、「3F建てなら10メートル」でも問題ありません。


ここで最も重要な注意点は、影になりそうな家がまだ建っていない場合です。


日当たりのトラブルで最も多いのが、今家がないところに家が建ってしまい、急に日が入らなくなってしまうことです。

今現在で建っていないからと安心していると、新しく家が建ってしまったときに非常に苦労します。

特に、分譲地で一斉に売り出された土地や、駐車場になっている土地は要注意です。


住環境の人気は、より住みやすい土地に集中する傾向にありますので、今現在で家が建っていなくても、いずれ建つものとして考えておいた方が無難です。


>>関連記事『隣に家が建つのは当たり前!日当たりが悪くなっても困らない住宅とは?』


ステップ3. 太陽高度を調べ、直射光が入る時期と時間を計算する

家の住所地点での太陽高度は、次のサイトから調べることができます。


CASIO様 ホームページ内 『Keisan 生活や実務に役立つ計算サイト』

〇太陽高度(一日の変化)

http://keisan.casio.jp/exec/system/1185781259


具体的な例で計算してみます。

まず、東京都の昼12時ですと、最も太陽高度の低い冬至で約31°、中間期といわれる春分・秋分で約55°、最も太陽高度の高い夏至で約78°となります。

窓が真南に向いているとき、この太陽高度に隣の家が重ならなければ、直射光が入り、日当たりのよい部屋となるわけです。


続いて、隣の家の距離と高さから、隣の家が重なるときの角度を求めます。

少し難しいですが、三角関数を用いることで計算できます。

例えば、隣の家との距離が5メートル、隣の家の高さが10メートルとした場合、角度は63°となります。


計算例

以上から、上記の条件における日当たりを考えます。

お昼頃において、春過ぎ~初秋くらいまでは日当たりが良くなりますが、晩秋~冬の間~初春は直射光はほとんど入らないことになります。

5メートル離れていても冬場は直射光が入らないのですから、隣家がもっと近い距離であれば、日当たりの条件はより厳しくなり、直射光が入らない期間はどんどん長くなってしまいます。


高さ10mの隣家との距離5m-夏至南中時の日当たり

高さ10mの隣家との距離5m-夏至南中時の日当たり

高さ10mの隣家との距離5m-春分秋分南中時の日当たり

高さ10mの隣家との距離5m-春分・秋分南中時の日当たり

高さ10mの隣家との距離5m-冬至南中時の日当たり

高さ10mの隣家との距離5m-冬至南中時の日当たり


実際には、隣の家との距離だけでなく、床の高さ・窓の高さ・方位・隣の家の位置など、多くの要素が影響してきます。

直射光が全く入らないということは少ないかもしれませんが、隣の家が近いほど、また、隣の家が高いほど、直射光は入りにくくなります。


より詳細に日当たりを確認する方法として、日当たりシミュレーションがあります。

パソコンで条件を設定する必要があり、少々手間はかかりますが、具体的にイメージとして見ることも可能になります。


>>日当たりシミュレーションについて、もっと詳しく知りたい方はこちら



直射光を取り入れやすくする方法は?


直射光を取り入れやすくする方法のイメージ画像


隣の家の距離や隣の家の高さがわかると、日当たりについての対策をすることもできます。新築時に直射光が入るように工夫について、いくつかご説明します。


2Fリビングやスキップフロアで、床の位置を高くする

床の位置を高くする方法です。


隣の家の高さは変えられませんが、こちらの床を高くすることはできます。こちらの床が高くなると、隣の家の高さが相対的に下がるために、影になってしまう角度も小さくなります。


住宅密集地でよく用いられるような、2Fをリビングにしたり、部屋ごとに高さを変えるようなスキップフロアといわれる設計をすることで、床の位置を高くできます。


事前に隣の家の距離と高さ、そして、窓の位置などを計算しておけば、日当たりの良いお部屋を設計しやすくなります。


>>関連記事『日当たりを良くするなら2階リビング?明るくするための5つの注意点』


吹き抜けを作り、窓の位置を高くする

窓の位置を高くする方法で、実際に多く採用されています。


1Fの位置にある窓からは光が入らなくても、2Fの位置から光を取り込めます。

直射光が差し込むという効果のほかにも、窓を多く設置できますので、窓の分だけお部屋を明るくなります。


ただし、2Fの床面積を削ってしまうので、生活スペースが狭くなってしまうことや、お部屋が広くなってしまうので冷暖房が効きにくくなる、といったデメリットもあります。


>>関連記事『明るく開放感たっぷりな快適生活?吹き抜けのデメリットを知っておこう』


壁の位置をずらし、隣の家からの距離をとる

敷地面積次第ですが、隣の家から距離を出来るだけはなすことで、直射光が入りやすくなります。


事前に設計が必要となりますが、できるだけ北側に家を寄せ、南側に庭をつくったり、コの字型の平面プランにして中庭を作ることで、壁の位置をずらせます。


コの字型の住宅は外壁が多くなってしまうこと、また、北側に寄せる方法では広い敷地面積が必要なことから、やや費用がかかってしまう点がデメリットです。


「光ダクト」を利用する

「光ダクト」のような採光装置を利用することも、自然光で明るくするための選択肢のひとつとなります。


光ダクトあり-高さ10mの隣家との距離5m-冬至南中時の日当たり

光ダクトありの場合の高さ10mの隣家との距離5m-冬至南中時の日当たり


「光ダクト」は、直射光が差し込む窓から得られる光を、内側が鏡状の筒(ダクト)を使って反射させながら、暗いお部屋へ届ける装置です。

まだ知名度は低いですが、ビルや学校などの省エネ技術として、10年以上前から利用されている技術です。


「光ダクト」を住宅に設置するためのスペースが必要であったり、費用が掛かってしまうといったデメリットはありますが、新築で事前に設計すれば設置しやすくなります。

吹き抜けや住宅設計を大きく変えてしまうよりも簡単に自然光を取り入れ可能です。


>>「光ダクト」についてもっと詳しく

>>「光ダクト」で南側に隣家が近い住宅のリビングを明るくした事例はこちら


工務店や住宅メーカーと相談し、各住宅に合わせた方法を検討してみましょう。


>>関連記事『隣に家が建つのは当たり前!日当たりが悪くなっても困らない住宅とは?』


どこでも光窓 資料請求のバナー




まとめ


日当たりのよいお部屋を作るには、「住所」「方位」、そして「隣の家との距離」を十分に把握しておく必要があります。

また、今は隣の家が建っていなくても、後々建ってしまうかもしれないということに注意して、日当たりのよい住宅を設計するようにしましょう。


>>関連記事『光ダクトの活用ノウハウ:日当たりシミュレーションで新築時の採光確認!』



タグ一覧
光ダクトの仕組みを説明するバナー

お問い合わせフォームへ

お住まいのご自宅に関する
お問い合わせはこちらへ

設計・建築関係の業務に関する
お問い合わせの方はこちらへ

連載企画

丸谷博男「光のエッセイ」バナー2

建築と光についての丸谷博男氏のコラム

 

 

光ダクト実邸建築計画バナー

光ダクト導入住宅のコンセプトから完成まで

 

 

光ダクトの活用ノウハウ バナー画像

光ダクトに関するあれこれをご紹介

 

 

タグ一覧

関連リンク

光ダクトのご見学 バナー

お問い合わせフォームへ

お住まいのご自宅に関するお問い合わせはこちらへ

設計・建築関係の業務に関するお問い合わせの方はこちらへ

「どこでも光窓」について
規格型製品


資料ダウンロード
導入事例

記事・ニュース
お問い合わせ
鋼鈑商事ロゴ
東洋鋼鈑株式会社 ブランドロゴ