コンテンツ

Original

隣に家が建つのは当たり前!日当たりが悪くなっても困らない住宅とは?


住宅での住み心地に大きな影響を与える日当たりですが、その日当たりに関するトラブルで多いのが、『隣に家が建つことによる日当たりの急激な変化』、というものです。


他人の敷地ですので、日当たりが悪くなるから建物を建てないでほしい、という要望やクレームはほとんど通りません。隣に家が建つ場合でも日当たりが悪くならない住宅を考える必要があるのです。


最も日当たりが欲しいリビングについて、周辺環境による日当たりの悪さの影響を受けにくい住宅の作り方をご紹介します。



日当たりに関するお悩みの多くは、隣に家が建つ(建った)ことが原因!


日当たりの悪い土地に住宅を建てた方は、実はそれほど日当たりに関するお悩みを抱えてはいません。事前に日当たりが悪いことがわかっていますので、日当たりについて考慮して設計された住宅となっているからです。


日当たりに関するお悩みの方の多くが、隣に家が新しく建つことで、日当たりが悪くなって暗くなってしまうことによるものです。それは、日当たりが良く、明るいお部屋で生活していたイメージがありますので、そのギャップもあり、より暗く感じてしまうからです。直射光が入りやすく日当たりが良いとされる南隣側に建つ場合、その傾向はより顕著になります。


隣に建つ住宅の設計に対して、要望や苦情を考えていらっしゃる方もいるかもしれませんが、残念ながらほとんど意味はありません。というのも、隣に建つ家も建築確認がなされた設計で建築されているため、法的には何の問題もないからです。

周囲に気を使う方であれば、多少の配慮はしてもらえるかもしれません。しかし、隣の家の建て主にも希望の間取りや予算などがありますので、要望が全て叶うことはまずないでしょう。



日当たりで困らないために、隣に家が建つことを想定しましょう


日当たりで困らないための想定イメージ画像


20年、30年と住む住宅ですので、お住まいの周辺状況も変化すると想定しておく必要があります。


高さに関しては地域によって違いはありますが、3F建てが可能な10mまでであれば、すべての地域で建てること可能です。また、距離に関しては、その土地の境界線手前数十cm程度まで外壁が近づけることが可能です。

現時点で、隣の敷地が駐車場や空き地であり何も建っていなかったり、平屋などの比較的低い建物が建っていたとしても、将来的には3階建ての建物が敷地ぎりぎりまで接近して建てられる可能性はあります。分譲地で新しく開発される区画の土地であれば、1~2年で隣に家が建つことあります。


土地勘と経験が多くある不動産や工務店の方であれば、将来的な変化もある程度考慮して教えてもあらえることもありますが、他人の土地ですのでどうなるかはわからないことがほとんどでしょう。


リフォームをするにしても結構なお金がかかりますし、新築後すぐの家を大きく変えるのもためらわれます。

もちろん、周辺環境が変わらないことも大いにありえますが、将来的に日当たりで困るリスクを軽減するために、周辺環境の変化によって日当たりが悪くなっても、暗くなりにくい住宅を事前に考えておくことをお勧めします。



日当たりが変化しても暗くなりにくい住宅の作り方とは?


日当たりのいいリビングのイメージ画像


基本的には、隣に家が建つ時に暗くなったと最も感じる部屋はリビングです。日中最も長く住むお部屋ですし、寝室などのその他の部屋は夜間を中心に過ごすからです。日本の基本的な住宅は、南側にリビングを持ってくる間取り多くありますので、特に南側に家が建つとその影響が大きくなってしまいます。


今回はリビングについて、1階南側と比較して、日当たりが変化しても暗くなりにくい間取りをご紹介します。


○2階リビング

日当たりが最初から悪い土地で、多く利用されている間取りです。特殊な構造ではなく、土地を有効利用できるため、分譲地の建売住宅でもよく見られます。

リビングを1階ではなく2階にすることで、隣の建物による太陽光遮蔽の影響を受けにくくするつくりです。隣の建物が2階建程度の高さである程度距離が離れていれば、日当たりも比較的確保できます。隣の建物がもっと低ければ、見晴らしがよく景色が良く見えることもメリットの一つです。


デメリットとしては、家に入ってすぐに必ず階段を上がらなければならないことと、キッチンで水漏れが起こった時に被害が大きくなり修理が大変なこと、などがあげられます。


ただし、住宅が密集し3階建てが多くある地域ですと、2階リビングにしても日当たりが良くない場合もありますので注意が必要です。


○吹き抜けのリビング

こちらも、比較的多く用いられています。リビングの上の階をなくして2階分の天井高さの空間をつくっています。

大手住宅メーカーや設計力のある地域工務店、建築家の設計で立てる住宅などでよく見られます。


吹き抜けにすることで、窓を配置できる壁が増えます。2階立てであれば、より日当たりの良くなる天窓を設置することも可能です。つまり、リビングの床面積に対して、大きな窓面積を取ることで、より多くの光を取り入れ可能となります。

さらに、日当たりが良くなるというメリットに加えて、天井が高くなり、開放的な空間が得られることによるメリットが大きいです。


デメリットとしては、2階の床がなくなることで居住スペースが減少すること、柱や梁が減り強度が下がるためしっかりとした構造設計が必要なこと、があげられます。

また吹き抜けリビングも、隣に家が建つと、明るさはそれほど変わらなくても、正面に家がある圧迫感を感じてしまうこともあるので注意が必要です。はじめから正面に大きな窓をつくらず、高い位置からの光を中心に設計するとよいでしょう。


○北側リビング

基本的には、建築家と建てる家くらいしか見ることはありませんが、実は最も周辺環境の影響が少ない間取りです。


北側リビングにすると、直射光はほとんど入らなくなります。直射光があると明るい印象を持ってしまうため、北側リビングは敬遠されがちです。しかし、直射光がなくても上手に窓を配置することで暗い印象を受けない住宅を作ることができます。

北側に家が建つ場合でも、その家は南側を開けるように作ることが多いため、あまり隣接しません。また南側に家が建つ場合でも、そちらからの光はほとんど使っていませんので、日当たりに影響しません。


設計にかなりの工夫が必要なことから、住宅メーカーなどはほとんど提案せず、建築家のような土地や周辺環境に合わせた住宅を得意とする方しかできません。


少し採用するのに勇気が必要かと思いますが、隣に家が建つ可能性が高いのであれば検討してみる価値はあります。


○「光ダクト」のあるリビング

日当たりのよい窓から入る光を、直接その窓に面していない部屋まで届ける「光ダクト」という構造があります。「光ダクト」は、内面が鏡状の筒のような構造のことをいいます。「光ダクト」を利用することで、窓から離れた距離にある部屋まで光を届けることができるのです。


具体的な一例を紹介します。日当たりの悪い窓がある1Fのリビングに対して、天窓のような日当たりのよい窓に入る光を「光ダクト」を通じて利用して、明るくすることが可能です。

吹き抜けリビングに構造としては似ていますが、吹き抜けと違い2階全ての床がなくなるわけではないため、より広く住宅を利用できる間取りとなります。


2F部分に、「光ダクト」のスペースを設ける必要があり、若干の居住スペース現象が生じます。また、通常の窓とは異なり、外の景色は見えにくいため、眺望や景色を楽しむためには少し工夫が必要になります。


光ダクト」はまだあまり知名度は低いですが、他に方法に比べるとデメリットが少なく、隣に家が建つことによる日当たりの変化も小さくなるため、最もリーズナブルに利用できます。


>>「光ダクト」についてもっと詳しく



まとめ

長く住むことになる住宅ですので、周辺環境の変化は必ず起こると考える方が無難です。隣に家が建つことで日当たりが悪くなる、ということを想定しておくことで、その変化を小さくするような住宅を作ることできます。


新築で住宅購入を考えている方は、今回ご紹介しました、2Fリビング、吹き抜けリビング、北側リビング、光ダクトといった日当たりの変化を小さくするような構造についても検討してみてはいかがでしょうか。




お問い合わせフォームへ

お住まいのご自宅に関する
お問い合わせはこちらへ

設計・建築関係の業務に関する
お問い合わせの方はこちらへ

イベント一覧

現在、実施中のイベントはありません

最新の記事一覧

光ダクトのご見学 バナー

最新のニュース

タグ一覧

関連リンク

お問い合わせフォームへ

お住まいのご自宅に関するお問い合わせはこちらへ

設計・建築関係の業務に関するお問い合わせの方はこちらへ