コンテンツ

Original

良い工務店の選び方は?注文住宅を建てる流れと判断の決め手!


一戸建ての注文住宅を建てる際、どの工務店を選べばよいかお困りではないでしょうか?


注文住宅は非常に高い買い物ですので、工務店選びも慎重に行う必要があります。


より良い工務店の選び方について、工務店と契約するまでの流れの中で見るべきポイントと、工務店を選ぶ決め手から解説します。



工務店で家を建てることのメリットとデメリット


工務店のメリットとデメリット


工務店とは、主に住宅の工事を行う会社のことです。会社によって注文住宅、建売住宅、リフォームといった住宅の工事から店舗などの住宅以外についても行うこともあり、工務店といっても様々です。基本的には、一戸建ての注文住宅を中心としている工務店が多いです。


よく比較されるハウスメーカーとの最も大きな違いは、ハウスメーカーには家の作り方に規格や基準があり、基本的には規格にないものはできないことです。一方工務店は、自由に建材や設備を取り入れることが可能です。これが工務店の方が注文住宅の自由度が高いといわれる理由であり、工務店のメリットの一つです。


もう一つのメリットとして、住宅建築にかかる経費が少なくできることです。

勘違いしやすいところですが、必ずしも工務店で住宅を建てる方がハウスメーカーより安い、というわけではありません。注文住宅を中心にしている工務店の平均的な費用は、ハウスメーカーとそれほど変わりません。ハウスメーカーでは多くの住宅を建てるために営業や広告経費多くかけ、その分を建材や設備を一括して大量に生産・仕入れすることで下げています。

一方工務店は、営業や広告経費が少ない代わりに、住宅に合わせたオーダーメイドに近い建材や設備となってしまいます。差引としては同じくらいの費用がかかりますが、工務店の方が建材や設備が自由になり、安いものを選ぶこともできますので、全体としては安くなることが多いのです。


工務店のデメリットとしては、自分に最も合う工務店を選ぶことの難しさ、ではないかと思います。ハウスメーカーと違い、どの工務店がどのような住宅を建てるのか、がわかりにくいですし、すべての工務店が高い品質の住宅を建てられるとも限らないのです。


工務店選びの前に準備すること


工務店選びの準備


工務店を探す前に、家を建てる上でまず準備しておくことを説明します。工務店側も、ある程度具体的になっていた方が話しやすいですし、工務店を選ぶ際にも必要になります。


1. 住みたい地域を探す

まずは、注文住宅を建てる土地の近くにある工務店を探さなければなりません。

工務店は、ハウスメーカーと違い各地に営業所があり、それぞれの地域で仕事を受けてもらえるわけではありません。そのため、それぞれの土地の近辺で工務店を探す必要があるのです。

多少地域から離れていても、仕事を受けてもらえますが、費用や工期が余分にかかってしまうことがありますので、注意しましょう。


2. 予算計画を立てる

次に、一戸建て住宅を建てる上で最も重要となる、予算計画を立てます。

土地代、建物代、住宅ローン、諸費用・・・など、住宅を建てるためには非常に多くのお金が必要になります。予算計画とは、住宅建築にかかる費用とその返済のためのスケジュールであり、予算計画が立たないと住宅が建たなかったり、建てた後の住宅ローンの返済で苦労してしまうこともあります。


資金計画は、年収や将来設計とも関係して非常に複雑なため、自分ではなかなか建てることが困難です。そこで、住宅ローンのサービスを行っている銀行や住宅や不動産関係の提案するサービスの店舗などでファイナンシャルプランナーの方を紹介してもらえます。

また、フォローをしっかりとしてもらえる工務店であれば、資金計画も一緒に考えてもらうこともできます。資金面でも協力してもらえるかどうかも、工務店選びの決め手の一つです。


3. 土地を探しはじめる

予算計画に合わせて、土地についても探し始めた方が良いです。

というもの、条件に合った土地を探すのは非常に時間がかかります。人気のある土地が売りに出されることも少なく、売りに出されてもタイミングが悪いとすぐに買い手がついてしまいます。土地探しに一年かかった、という話を聞くこともあるほどです。


また、土地によっては建てられる住宅に制限があったり、工事のための車両が入りにくく建築費用が余計にかかてしまう、といったこともあります。工務店に相談するときに、考えている土地の情報があると、工務店もより具体的に説明しやすくなります。

工務店に相談する前に土地を購入する必要はありませんが、事前に考えている土地情報を相談前に準備しておくことをおすすめします。ただし、人気のある土地はすぐに売れてしまうため、土地探しと工務店相談はスムーズに行うようにしましょう。



工務店の選び方と最終的な決め手とは


工務店の選び方


資金計画を立てたり、土地探しを行ってみて、戸建住宅を建てるイメージができてきたら、あらためて工務店選びを行いましょう。ここでは、工務店を選ぶまでの流れとそこでの選ぶポイントをご紹介します。


結論から言うと、工務店選びの決め手は、予算や生活などの住む人が求める住宅を建ててもらえるかどうか、に尽きます。そして、住宅は建てて終わりではなく、建てた後も相談できるような関係になれる工務店が、住む人にとって良い工務店なのです。


1. 工務店を探す

まずは、どのような工務店があるのかを探す方法をご紹介します。工務店を探す方法には、次のような方法があります。良し悪しを比較するためにも、いくつかの工務店を候補にすることをお勧めします。


〇検索エンジンによる直接検索『土地(市区町村)+工務店、注文住宅など』

インターネットで工務店のホームページを直接検索する方法です。望む土地で仕事を受けてくれる工務店を高い確率で見つけることができます。

ホームページをしっかりと作っている工務店は、時代に合わせて営業に力を入れていることの証明であり、ホームページに乗せる施工実績が多いというのは、信用する一つの判断材料にもなります。


〇住宅関係のポータルサイトで検索

注文住宅などを行う工務店やハウスメーカーをまとめて紹介してもらえるポータルサイトがいくつかあります。地域ごとに、登録された会社の情報を比較したり、まとめて資料請求できます。

こういったポータルサイトは、工務店やハウスメーカーが登録料を払い登録しています。資金力の大きいハウスメーカーが多く、工務店でも比較的大きな会社が紹介される傾向にあります。


〇地域情報誌を使う

駅などのフリーペーパーで工務店などが掲載された冊子をもらえます。基本的には、ポータルサイトでは件数が多く出すぎてしまい迷いがちですが、冊子ですと決まった数しか載っていません。

事例記事やお役立ち情報も掲載されていますので参考になりますので、本格的に選ぶ前段階で気軽に見てみてはいかがでしょうか。


〇サービスカウンターを訪問する

土地や資金計画などについても丁寧に教えてもらえ、予算額や住宅イメージに合わせて工務店も紹介していただけます。全てのサービスを無料で受けられますので、どこを選べばよいかの候補がまだ見つかっていない方は、一度ご相談してみましょう。


〇口コミや紹介

親や会社の同僚、お友達など、一戸建ての新築住宅を建てた方がいるのであれば、聞いてみるのは非常に良い方法です。実際に住んでいるので、建てるまでの様子や住んだ感想を教えてくれるのではないでしょうか。


2. 工務店に問い合わせ、担当者と打合せを行う

いくつかの方法で、候補となる工務店を探したら、お問い合わせをしましょう。

ホームページから電話やお問い合わせフォームを利用したり、サービスカウンターを通じて紹介してもらうこともできます。


工務店の方と面談すると、まず土地や資金計画がどの程度進んでいるかを確認します。さらに、住宅の設計をするうえで必要となる年収や家族構成も聞かれることになりますので、少し準備しておくとお話がスムーズに進みます。


工務店選びでよく言われるが、担当者との相性があります。家づくりをすると、設計から完成まで半年以上、また完成後も不具合や修正、リフォームなどを相談することになりますので、非常に長い付き合いになります。遠慮せずに意見を伝えられるかどうかや対応の誠実さなど、担当者の人柄は工務店選びの決め手となる場合があります。


3. モデルハウスや実棟での見学会に参加する

どこの工務店でも見学会のご紹介があるかと思いますが、最終的には建てた家を見ない事には決めない方がいいでしょう。

営業されて、家づくりやこだわりなどを聞いても、他社との違いなど分かりませんし、判断もできないと思います。結局は、その工務店が建てた家とそこに住む人の感想を聞いてみるのが一番ではないでしょうか。


できればモデルハウスよりも、実際に住んでいる人がいる家を見せてもらえるように聞いてみましょう。住んでいる家を見せてもらえるということは、工務店がその家の方と良好な関係を築いていることの証明になりますし、住んでいる方もその家に満足していれば見てもらいたいと考えるはずです。


家の外観や外構、床・壁・造作の収納といった内装はもちろんですが、最近では換気設備も住宅の一部になっていて、家と一体になった換気設備や冷暖房設備も一式で取り入れる工務店もありますので、温湿度や風、におい、といった空気感についても体感して、工務店を選ぶ際の判断材料としましょう。


4. プラン・基本設計を依頼

どのような家を建てられるのかイメージができたら、家のプランや簡単な基本設計を依頼することになります。

この段階では、すでに土地について目途をつけておく必要があります。というのも、家のプランはと土地によって全く変わってしまうからです。敷地が大きく余裕があればデザインは工務店の個性で決められますが、旗竿地や狭小地であれば工務店の設計力によって大きく設計が異なってきます。

都市部での家づくりであれば、限られた土地でどれだけ自分の求める住宅を建てることが可能か、という設計力も重要な決め手となります。


プランや基本設計は無料でお出ししてもらえる工務店もあれば、有料で仮契約といった形式にしている工務店もありますので、どこから費用がかかるのかをしっかりと確認しましょう。


5.実施設計とお見積もりで契約して建築工事へ

工務店から提示されたプランで満足できれば、より具体的に仕様を決める実施設計を行い、最終的なお見積もり額を提示されて、工事契約をして建築工事が始まります。


実施設計は、手間がかかる作業のため、通常はこの段階で仮契約をすることが多いです。お金を払って、複数の工務店に実施設計をお願いすることもできますが、この段階で工務店を1社に選ぶことがほとんどです。


今までの工務店とのやり取りや見学した住宅、プラン内容などでしっかりと考慮して工務店を選びましょう。



まとめ


工務店の選び方と決め手

・モデルハウスや実棟を見学し、求める住宅に近い

・プランや基本設計を数社で比較し、希望の間取りを反映している

・工務店の担当者と打合せを行い、長く付き合っていける


多くの工務店の中から1社を選ぶのは大変ですが、家は非常に高い買い物になりますので、できるだけこだわって、より住みたい家を作ってもらえる工務店をしっかりと選びましょう。

工務店を探し始めてから契約してお金を支払うまで結構な時間がありますので、いくつもの工務店を訪問して、家を見学させてもらいながらじっくりと検討してみてください。




お問い合わせフォームへ

お住まいのご自宅に関する
お問い合わせはこちらへ

設計・建築関係の業務に関する
お問い合わせの方はこちらへ

イベント一覧

現在、実施中のイベントはありません

最新の記事一覧

光ダクトのご見学 バナー

最新のニュース

タグ一覧

関連リンク

お問い合わせフォームへ

お住まいのご自宅に関するお問い合わせはこちらへ

設計・建築関係の業務に関するお問い合わせの方はこちらへ