「どこでも光窓」や住まいに関する記事

どこでも光窓 資料請求のバナー
Original

「どこでも光窓」スタッフブログ~光ダクト実邸建築計画6:外構と植栽


皆さん、こんにちは。


本ブログにて光ダクトを設置する実邸の建築計画についてご紹介しています。6回目の今回は、外構と植栽についてです。光ダクトの下の植栽部分とアプローチ周辺の様子を少しだけご紹介します。


前回までの記事は下記にありますのでご参考ください。

>>光ダクト実邸建築計画1回目の記事はこちら

>>光ダクト実邸建築計画2回目の記事はこちら

>>光ダクト実邸建築計画3回目の記事はこちら

>>光ダクト実邸建築計画4回目の記事はこちら

>>光ダクト実邸建築計画5回目の記事はこちら



光ダクト直下の植栽


光ダクト直下 植栽前

光ダクト直下の植栽設置前の様子

この写真は、ダイニングとリビングを兼ねる和室の間にある空間です。光ダクト直下となり、ある程度の光量が見込めるため、鉢植えによる植栽を行うことで緩やかに目隠しとなるよう設計されています。

下に見える箱は、植栽を納める箱です。床部分は一部タイル仕上げになっていて、多少水がこぼれても大丈夫な構成になっています。この状態でも、箱に光が当たっていて、光ダクトが効果を発揮しています。


光ダクト直下 植栽後

光ダクト直下の植栽設置後の様子

この写真は、植栽を設置した後の様子です。昼頃の最も直射光が差し込み、植物に光が当って、明るくなっています。

ある程度高さがあり、日陰でも枯れにくい『ハイノキ』という植物を選択しました。本当に光ダクトの光だけで観葉植物が枯れないかは、今後状態を確認していかなければなりませんが、直射光の様子を見る限り大丈夫そうです。



外構の様子


アプローチの外構


外構の様子を少しだけお見せします。

敷地が旗竿形状ですので、アプローチが比較的長くなります。写真右奥の道路側からコンクリートで道を作り、段差をつけて単調にならないような形状とし、植栽は高さで変化をつけました。

植栽に関しても、日当たりや雨のかかる量などで適切な植物を造園屋さんに相談して配置しています。



ご見学を希望される方は…


今週末 (2019年2月22日・23日)にも、エコハウス研究会で完成見学会が企画されています。また、定期的に見学会を計画する予定です。


それ以外で、ぜひ見たいという方はお問い合わせフォームよりご連絡ください。



前回までの記事は下記にありますのでご参考ください。

>>光ダクト実邸建築計画1回目の記事はこちら

>>光ダクト実邸建築計画2回目の記事はこちら

>>光ダクト実邸建築計画3回目の記事はこちら

>>光ダクト実邸建築計画4回目の記事はこちら

>>光ダクト実邸建築計画5回目の記事はこちら



タグ一覧

お問い合わせフォームへ

お住まいのご自宅に関する
お問い合わせはこちらへ

設計・建築関係の業務に関する
お問い合わせの方はこちらへ

連載企画

丸谷博男「光のエッセイ」バナー2
光ダクト実邸建築計画バナー
光ダクトの活用ノウハウ バナー画像

タグ一覧

関連リンク

光ダクトのご見学 バナー

お問い合わせフォームへ

お住まいのご自宅に関するお問い合わせはこちらへ

設計・建築関係の業務に関するお問い合わせの方はこちらへ