「どこでも光窓」について

「どこでも光窓」とは

「どこでも光窓」とは、建築物の窓やトップライトから取り込んだ自然光を「光ダクト」により高効率に伝送することで、窓の無い部屋や自然光の入りにくい部屋へ光を届けることができる自然採光システムです。

自然採光システム

光の反射率が高い特殊な素材である当社独自製品「ミラーコートK」を使用した内面が鏡のような筒状の部材が「光ダクト」です。
複数回反射を繰り返して光を運びますので、より光の反射率が高い方が効率よくなります。光の反射率が95%以上の「ミラーコートK」を使った東洋鋼鈑の「光ダクト」が、「どこでも光窓」です。

内面が鏡のような筒状の部材「ミラーコートK」

「どこでも光窓」の構成

光を取り込む「採光部」

光を取り込む「採光部」

屋外の光を家の中に取り込む部分が「採光部」です。特殊な構造ではなく、一般的な屋根につける天窓や壁につける窓を利用します。

光を導く「光ダクト」

光を導く「光ダクト」

「採光部」と「放光部」をつなぎ、光を導く役割の特殊な部材が「光ダクト」です。通常は天井裏や壁で仕切られていて本体は見えないようになっています。

光を取り出す「放光部」

光を取り出す「放光部」

取り込まれた光を室内に放出する部分が「放光部」です。壁や天井につくり、お部屋の内装やデザイン、光の感じ方によって、部材も変えます。

住宅の明かりの問題を解決するために、『どこでも光窓』が選ばれています。その実績をぜひご覧ください。

お問い合わせフォームへ

お住まいのご自宅に関する
お問い合わせはこちらへ

設計・建築関係の業務に関する
お問い合わせの方はこちらへ

この内容で送信します。よろしいですか?